Handyコミック ミュージアム 一般作品

ミュージアム 第1巻を読んでみた。 無料試し読み画像はこちら

投稿日:

大ヒット作品 ミュージアム

最新話 無料試し読み 公式サイト

▼無料サンプル試し読み▼
[ハンディ一般]ミュージアム

全話ダウンロードもこちらです。
▲漫画ダウンロードは画像タッチ▲

スマホ専用コミック(android & iPhone対応)

ミュージアム 試し読みは完全無料です!

配信は老舗電子コミックサイト Handyコミックがおすすめです。

作品名 ミュージアム
著者  巴亮介

話題の作品 ミュージアムのあらすじ 等を紹介したいと思います。

346_11

 

カエルのマスクを頭に被り、雨合羽を身にまとった不審者がこのごろ闊歩しているという。妙な殺害方法で起こった殺人現場の近くにその不審人物は目撃されていた。
この作品は妻と子供に見放されたさみしい刑事と犯人との戦いを描いた漫画である。

Vol1.ドッグフードの刑

とあるアパートの一室で3匹の獰猛な犬に噛み殺された遺体が発見された。どうやら生きたまま噛み殺されたようだ。主人公の刑事沢村は非番でありながら現場に呼び出されていた。
場面は変わって引きこもりニートの部屋。昼夜逆転した怠惰な生活を送る彼が、大変な事態に陥るのである。玄関のチャイムが押され、コミュニケーション能力に乏しい彼は出ようとしない。そのままなんとなく玄関を見ていると、カチャカチャと音がなり、鍵が…がチャリと開いたのだ。空き巣か!?と包丁を構えるが、入ってくる気配がない。自室に戻ろうとすると…ドアの陰にカエルのマスクをかぶった男がいた。バチッ!スタンガンで気絶する引きこもりニート。

さらに場面は変わって沢村刑事。噛み殺した犬が吐き出した紙に妙なことが書いてある。「ドッグフードの刑」

Vol2.母の痛みを知りましょうの刑

人気のない廃ビルに椅子が置いてありそこに縛り付けられているニート。カエルマスク男はニートの耳を切り落としていく。ガムテープを剥がし、しゃべることを許可するカエル男。やめて!嫌だぁ!

「そいつは私刑ですよ」
「おそらく被害者は何らかの強い恨みを持った人物により、裁きを受けたのではないかと…」

ドッグフードの刑に処された女性の彼氏が泣き崩れる。聞き込みをする刑事たち。
「愛犬家だった被害者がアレルギーを持つ恋人と同棲するために泣く泣く飼っていた犬を手放すことにした…しかし引き取り手は見つけられず、やむなく保健所へ。おそらく殺処分されたのだろう。要は犬を捨てて男をとった人間を猛犬に襲わせ殺したってことだ。どこぞの異常者が己の欲求を満たすためだけに犯したいわば“殺人遊戯”そんな可能性も考えられるだろう。」

許じでっ!もう許しテェェェ!
「まだだよ」
「おとなしく罪を償え」

Vol3.共通点

いいじゃん別に!減るもんじゃねえし!
「やだよぉこんなとこぉ。お家でならしてあげる」
二人の若いカップルが例の廃ビルでいちゃついている。口でことをする彼女のメガネ女。すると視界の端に血まみれの人間が倒れているのに気がついた。

「イクッ」
きゃあああああああ!

「相手は悪魔かよ…こっちの頭までおかしくなっちまう。」
首を切断されたニートの死体が廃ビルで発見された。母の痛みを知りましょう…切断した肉片を量りのバケツに入れている。
「何か意味があるのか?この数値」

被害者の身元は堤優一28歳。無職。母親と二人暮らしで昨晩捜索願が出されており特異家出人として手配中であった。
※特異家出人とは、事件・事故に巻き込まれた可能性がある家出人のことである。

部屋の電気パソコンがつけられたまま。所有している靴は全て残されており、玄関にはピッキングの形跡が。室内からは長靴とも見られる足跡も検出されていた。

(母の痛み3280グラム…)
被害者の出生体重である。

そんな折、被害者の共通点が発見される。
殺害された上原あけみと堤優一はともに今年の2月3日の第一審で死刑の判決を下した幼女樹脂詰め殺人事件の裁判員であった。

沢村は気付いた。
…うちのカミさんもその裁判員の一人です

異常な殺人事件が散発する序盤の展開。数々の謎を残し物語は進んでいく。グロい描写が散見されるが、苦手でなければ見られるでしょう。ちょっといやらしい表現もあるので、15歳未満は閲覧禁止かもしれません。カエル男の蛮行がどこまで続くのか?沢村の奥さんは一体どうなってしまうのか。4話以降をお楽しみに。

346_1

button_0011

-Handyコミック, ミュージアム, 一般作品

Copyright© おすすめ電子コミック漫画まとめナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.