一般作品 児童養護施設の子どもたち

考えさせられるスマホマンガ「児童養護施設の子どもたち」という漫画を読んでみた。

投稿日:

9-345703-c400

 

最近 何かと巷を賑わす児童虐待のニュース、つい先日 23歳の父親と、17歳の母親が生後16日の子供をゴミ箱に閉じ込めて窒息死するという、あまりにも身勝手で、あまりにも可哀想なニュースが取り上げられました。

ゴミ箱に 自分の娘を入れて死なせる・・・

両親はスマホでゲームをやっていて、子供が泣くのでうるさくてゴミ箱に閉じ込めた・・・・

気が付いたら ぐったりしていた・・・・・

あほかお前!!

いったい子供の命をなんだと思ってるんだ!!

本当に許せない 本当に許さない・・・

亡くなった赤ん坊の事を考えただけで涙が止まりません。

虐待されても健気に親をたよらざるを得ない子供を、一体どうしたら救えたんでしょうか?
今の私には何もできないけど、ただ悔しい気持ちで怒りに震えました。

児童虐待に苦しむ子供たち、そして児童養護施設の子どもたちに少しでも力になれるようにこの漫画を読んでいただき、一人でも多くの命を救えることが出来ればこの上ない幸せはありません。

今 我々の身近な所に児童虐待というものは存在しています。

子供は無力で 自分の力では虐待から逃れる事なんてできないのです。

だから我々周りにいる大人たちが温かいまなざしを注ぎ、身近にある異変に気付いてあげなければなりません。

今、ネット上で電子スマホ漫画「児童養護施設の子どもたち」にフォーカスをおかれることがしばしばあります。

なぜこの「児童養護施設の子どもたち」という作品が読まれているかは、私がブログで紹介しているきっかけと同じで、漫画を読むことで児童虐待の実態を把握し、少しでも虐待から救うことが出来るかもしれないと思った人に沢山読まれているからだと思います。

また 児童養護施設の子どもたちの作品を配信しているサイトや、それに準ずる電子マンガ配信サイトでは「児童虐待関連の漫画の売り上げの一部を」実際に子供たちに寄付するという支援が行われていたりいしますので、そういった意味で多くの人に読まれているのかもわかりませんね!!

児童養護施設の子どもたちをすぐに読みたい方は こちら

9-345703-c400

無料試し読みはこちら

児童養護施設の子どもたち  作者 榎本由美

児童養護施設の子どもたち

  • 作品名 児童養護施設の子どもたち
  • 作者 榎本由美
  • 配信サイト  イーブック まんが王国 など
  • 1話購読料金 500pt = 500円
  • 無料試し読み あり
  • 現在公開中話数 2巻  完結

児童養護施設の子どもたち サブタイトルキャプチャー

児童養護施設の子どもたち第1巻

  • ここから逃げたい
  • 大人は知らない
  • いたいけな指
  • 猫と一緒
  • 私を放っといて
  • 私には家が無い
  • 捨てられて

児童養護施設の子どもたち第2巻

  • わたしたちの未来
  • 寂しい子
  • 優しい人
  • どこにも行けない私
  • 愛されなくても
  • モンスターペアレント
  • ごみに埋もれて

児童養護施設の子どもたち 登場人物 紹介

瀬川 恵子

実の母親から激しい虐待を受けながらも 決して諦めることはなかった。
生きることに強い意志を持ち 同年代の子供に比べると 瞬時に物事を判断する洞察力がすぐれている。
児童養護施設の子どもたちに 恵子の事が描かれている。

恵子の母親

実の娘 恵子を連れ とある男性と再婚。 夫との間に 男女一人ずつ子供が生まれる。
しかしあるとき 医者である夫の浮気を見つけた母親は、実の娘に苛立ちやストレスをぶちまけ、恵子をターゲットとして
日常的に虐待に手を加えるようになった。

恵子の父親

母親と結婚した直後は 恵子にとっても とても優しく 自慢できるパパだったが、浮気をするようになってからは 全く家に帰らなくなってしまった。児童相談所の職員や  地域の民生委員の人が来た時にだけ、家に帰り偽善者ぶって 対応をしていたのだ。  羊の仮面を被った狼なのである。

草加先生

瀬川 恵子の通う小学校の先生。
学校に来ない恵子の事をいつも心配してくれ 家庭訪問や 家庭内のトラブルなど親身になって動き回る人情深い 心優しい保健室の先生。

サオリちゃん

児童養護施設に保護された恵子をいじめてくるサオリ。 保護施設内で 少し腕っぷしの強い 少し大柄な女の子 リーダー的な存在だ!!

陸夫

児童養護施設で生活している男の子。
恵子よりも先に入所しており 彼女が気と時に施設内を案内してくれたのが 陸夫でした。

田辺

主人公 恵子の同級生で児童保護施設育ちの 恵子たちを馬鹿にしてくるちょっとやんちゃや男の子。 恵子の学業成績が良いことを腹いせに、いじめを仕掛けてくるのだが・・・

鈴木先生

新しく恵子の担任になった女性教師。以前 児童養護施設で働いていた先生が産休に入ったため、代わりに 鈴木先生が恵子の担任に就くことに。
児童保護施設内で 保護された子供の事をあまりよく思わない先生がいる中で、とても親身になってくれる とても優しい先生。

実際に児童養護施設の子どもたちという作品を読んでみて 管理人感想

榎本由美さんの「児童養護施設の子どもたち」という作品を 私はイーブックジャパンというサイトで拝見しました。

以前にも ちいさいひとや児童福祉司等の作品を読んできましたが、一人でも多くの人に榎本由美さん作品を沢山の人に読んでもらいたいのが事実です。

現在 児童養護施設の子どもたちは2巻で完結する物語となっていますが、1巻2巻ともに実の母親と父親にリアルな虐待を受け、目をそむけたくなるシーンが描かれていたりしますが、幸いにも虐待を発見され その現状とその後の前向きな姿が描かれています。

興味があってもなかなか知りえることが出来ない児童福祉司のお仕事や、児童相談所、児童養護施設など、助けを求めている子供たちの実情を描いた作品になっています。

児童養護施設という場所に保護された子供たちにどんな新しい生活が待っているのか?

ここに描かれているものは児童養護施設の子どもたちのすべてではありませんが、少しでも虐待に苦しむ子供の気持ちをわかってあげ、私達に何かできることがあるのでは?と感じさせられる作品となっています。

涙なしでは語れない。人間として生まれた価値を知って頂く為に 是非とも皆さんで読んでもらえればと思います。

>>イーブック公式サイトはこちらです。<<
児童養護施設の子どもたち  作者 榎本由美

-一般作品, 児童養護施設の子どもたち

Copyright© おすすめ電子コミック漫画まとめナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.