BL漫画 ebook japan コミックシーモア 酷くしないで

ねこ田米蔵 作「酷くしないで」7巻-2(マガジンビーボーイ2017年4月号掲載)あらすじ&感想

更新日:

コミックシーモア

ねこ田米蔵 作「酷くしないで」7巻-2(マガジンビーボーイ2017年4月号掲載)あらすじ&感想

 

「ビーボーイ」で大人気連載中の「酷くしないで」。ガリ勉の眠傘とイケメンの真矢カップルのストーリーです。高校時代に出会った2人ですが、眠傘隆は奨学金で高校に通い、勉強が中心の生活。一方、お金持ちの家庭に生まれ、勉強はそこそこ、しかし悪ぶった態度を見せるイケメン・真矢秀幸。そんな2人が山あり谷ありの時間を経て結ばれ、別々の大学ながらも、ラブラブな大学生活をスタートさせました。

 

しかし、真矢父に付き合っていることがバレた眠傘と真矢。真矢はそれを理由に、家を出ることになってしまいました。金銭面での援助も打ち切られ、住むところをなくした真矢に、いとこである彰から救いの手が差し伸べられます。住む場所を提供してくれる人物が現れたのです。なんとその相手は、真矢にイイコトも悪いコトも教えた張本人・縞川だったのです。

【コミックシーモア】【シーモア特典付】白×黒王子~ことりと野獣の淫らな生活

こちらの作品もおすすめです。

■ネタバレ注意!「酷くしないで」7巻収録(2)。縞川家に居候!真矢はすぐに出られるのか!?

縞川の家に居候することとなった真矢。「なんでOKしたんだよアンタ…」と真矢はいまいち納得していない様子。縞川は縞川で、彰の頼みは断れない、自分だってイヤだと呟いている。

 

真矢に与えられたのは玄関横の物置になっていた部屋。医大生である縞川は、彰を残して大学に戻ると言う。合鍵を真矢に渡しながら「本当はコレ、彰に渡すつもりだったんだけど、なんっっで秀幸に渡すことになっちゃたんだ」と合鍵を見つめながら、ひとりごとを言う。

 

彰が部屋の片付けをし始めようとすると、その申し出に真矢は「手伝ってくれんの?サンキュー」と喜んだ。すると、そのやりとりを見ていた縞川が、真矢の背中に足蹴りを食らわす。「彰は、秀幸(真矢)を、甘やかしすぎだよ」と縞川は真矢のことをぎろりと睨みつけて、すごむのだった。

 

 

縞川が出ていくと、真矢は、自分の居候により彰に無理をさせてるのではないか、と切り出した。

 

そうなのだ。彰に相談された縞川は、一度は居候を断っている。しかし彰に「秀幸の面倒見てくれたら…ご褒美あげます。直也さん(縞川)が俺にさせたいコト…なんでも…」と囁き、縞川を納得させたのだった。彰は本心では“こういう事でもないと…素直になれないからな…俺”と、縞川の前で素直になれない自分を変えるきっかけにしようと思っていた。

 

 

金を工面しなければならない真矢は、流夏(るか)から紹介された時給5千円の単発バイトをしていた。日本初出店となる高級ブランドショップのオープニングイベントで、ドリンクの乗ったトレーを持って立っているバイトだ。真矢ほどの見た目がなければ務まらないに違いないバイトだった。

 

太客と思われる女性客・黒川がやってきた。黒川は、真矢に目を向けると、奥のVIPルームに一緒についてくるように言う。

 

そして黒川は自分にサファイアとダイヤのネックレスを付けるように、真矢に依頼する。真矢はそれを付けると「黒川さんは色白でデコルテ綺麗だし、青い色映えますよ」とコメントし、ショップ店員に言葉遣いをたしなめられてしまう。すると黒川は「あなたここで働きなさいよ。あなたの顔見に来るわよ」と小さく笑いながら言うのだった。

 

 

眠傘のバイト先まで迎えに行った真矢。突然現れた真矢に、どうしたのかと眠傘が問うと、臨時収入があったからラブホテルに行こう、と真矢は言う。その言葉に揺れた眠傘だったが、ムダ遣いしちゃダメ、と真矢を諌めた。しゅんとしてしまった真矢に、眠傘は、また今度ガマンできなくなったら行こう、自分も半分出すから…と恥ずかしそうに言うのだった。

 

縞川とはうまくやっていけそうなのか、と眠傘が問うと、縞川の地雷“彰と仲良くしない”を踏まないということを把握したので大丈夫だと返す。その答えを聞き、眠傘は「君達…似てると思って」とくすくすと笑った。眠傘が同じ大学の友人である沖野とイチャイチャしてると、真矢もすぐ怒るからだ。「お前アレわざとやってんのか…」と真矢が驚いたような声をあげると、まさか、と眠傘はしれっと返す。しかし、真矢は「許さねぇ」と眠傘を抱きしめると、その額にキスを落とした。

 

 

真矢は縞川家を出るために金の算段をしていた。しかし、いつまでも出て行ける気がしない。仕方なく、家具組み立ての深夜バイトを入れることにした。

 

“2時間は寝られるな”と思いながら、縞川家に帰ってきた真矢は、自身が使う部屋に大きな荷物が入れられていることに気づく。その大きさにイラっとし、その荷物を掴んで持ち上げようとして…それが大きさのわりに、ふかっとしていることを知った。縞川に断りなく包みをはがすと、それが布団だということに気づく。これまで真矢は、自宅から持ち込んだ寝袋で寝ていたのだ。

 

“縞川さん、マジ神!!”と思いながら5日ぶりの布団に包まれ、すぐさま眠りに落ちてしまう真矢だった…。

 

ねこ田米蔵 作「酷くしないで」2巻を読んでみた感想

真矢のひとり立ちへの資金作りが始まりました。普段のオシャレカフェのバイトに加え、単発のバイト、そして深夜バイトもプラスされました。いろいろと真矢はバイトをしていますが、高級ブランドショップではお客様に見初められ、家具組み立てバイトでは自ら効率のよい作業方法を提案していました。いろいろなバイトを経験することで、真矢の、真矢自身も知らなかった未知の領域が開いていくような気がしましたよね。これが今後、真矢の生き方になにか影響を与えるのかも…?と、何かの伏線ではないかと勘ぐってしまいました。

 

今回は、眠傘と真矢が一緒にいるシーンはほんの少し。エロとはほど遠いですが、この2人がイチャイチャしている、なんだかほっとするようなシーンに癒されました。

 

さて、次話では、真矢と縞川の同居生活に少しだけ変化が訪れるようです。真矢と眠傘の関係はどう描かれるのでしょうか?そして縞川と彰は…?このあとも見逃せません!

 

↓続きはこちら↓

-BL漫画, ebook japan, コミックシーモア, 酷くしないで

Copyright© おすすめ電子コミック漫画まとめナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.