BL漫画 コミなび 俺を愛してもいいんだぜ?

スマホBL人気漫画 俺を愛してもいいんだぜ?がやばいww

投稿日:

00035621_XL

俺を愛してもいいんだぜ?  このエロマンガ面白すぎる・・・
作者:秋葉東子

ナルシストで気持ち悪いでもそこがいい!ホマレ様の真実に迫る!

 

公式あらすじ

「喜べ、この俺がお前を愛してやるぞ!」なーんてふざけたことを素面で言っちゃう困った人、ホマレ様こと、二階堂誉。そんな彼に愛されちゃったのは普通の高校生・綿貫由宇。眉目秀麗なホマレ様のアタックも「気持ち悪い」と一刀両断する由宇に、さすがのホマレ様も戸惑い気味。由宇の平和な学園生活はどうなる!?

地味で平凡な高校生2年生綿貫由宇と眉目秀麗運動神経抜群な高校1年生だがナルシストで気持ち悪いホマレ様のコンビの第二弾!
ホマレ様は何故由宇に惚れたのか。ホマレ様がどうしてあんな性格になったのか?

謎が謎を呼ぶホマレ様の実態とは・・・?

俺を愛してもいいんだぜの2巻です。

ホマレ様と由宇の凸凹コンビのラブコメディ。
今回はどんな笑いをくれるのか、萌えを頂けるのか期待大でした!

もちろん今回も素敵な流れ・・・!
由宇の兄弟である博文とたっちゃんの動向も大注目でした。初っぱなからホマレ様の過去についての話です。
なになに気になります。

 

なんと、昔のホマレ様は孤高で一匹狼。
他人を見下げることも慈愛の目で見るかもせずビタイチ視線をくれず、あまたの女性が玉砕していったという・・!!!!

今のホマレ様というとホモでナルシストで自信過剰なおバカ・・・。

見る影もありません。

由宇と出会ってから変わったホマレ様。
ですが、由宇とホマレ様は告白を受けた入学式で会っただけ。

どこで惚れるきっかけが・・・?

 

なにかつらい過去があるかと思いきや、秘密の催眠療法によって不幸な生い立ちがあるわけでもなく。

謎です。謎に包まれています。
特別な奴にとって時に「普通」は「特別」になり得る
その一言を言った次の日から由宇はホマレ様を避けるようになります。

 

「普通」な俺に惚れることでステータスを感じてないか?

由宇はホマレ様のいう愛が信じられずいらつきます。
もうイラつく時点で少し惹かれていってるんじゃないかなーと思うんですが、ホマレ様解決してくれないですかね・・・。

怒りと疑問をホマレ様にぶつける由宇。
そんな中、由宇に差し迫る材木・・・に見える段ボールから由宇を助けようとしてホマレ様が階段から落ちてしまいます。

気がつくホマレ様 悪徳代官様 。

「僕は二階堂・・・というのですか?」

記憶喪失になってるー!!!!!

 

とても爽やかで優しく気弱になってしまうホマレ様。

「なんかすいません・・・エロマンガすぎで」

ホマレ様が謝ったー!!!!!

 

そんなお決まりのようなお決まりじゃない展開。

実は演技しているのでは?と躍起になって色々試してみるものの、やはり本当に記憶を失っているよう・・・。

綿貫由宇、祝平凡な生活の元通り!

 

そして萌えどころたっちゃん。別人ぶりに人見知りを発揮して近づけなくなります。仲いいのに(笑)

由宇が近くに居ても由宇の家に遊びにいっても普通な様子のホマレさま電子マンガなら こみなびで 月々324円から。

 

由宇は無意識に前のホマレ様と今のホマレ様を別人扱いして区別してしまう自分に首をかしげます。

平気な様に見えて考えることは前のホマレ様との違いばかり。

記憶がないとはいえ本人に向かって勝手に髪を切るなと言ってしまいます。

 

その時に見せた切ない表情のネオホマレ様

それ以来、由宇の前に顔を出さなくなります。
ですが微妙な距離感のままたっちゃんのおかげ(?)で一緒に昼食を食べる事に。

 

以前の僕はどんな感じだったんですかと聞くネオホマレ様に「気持ち悪かったよ」

ずばっという由宇(笑)さすがいい性格してます。

 

もっと違う言葉を期待していた。だって綿貫先輩僕に優しいじゃないですか

お前がいい奴だからだよ さらっとホマレ様を認める発言をしちゃう男前由宇!

 

なにやらネオホマレ様も由宇に惚れてしまった・・・よう・・・?

「やっぱり綿貫先輩は以前の僕が好き何ですか・・・?」

 

悩みつつも由宇に再び告白するネオホマレ様。

 

以前の自分ばかりがいいように思うネオホマレ様。
好きという感情をどうすればいいのか分からない、今の自分を見てくれない。
そんな気持ちを抑えきれずに由宇に迫るネオホマレ様。

「どうすれば僕だけをみてくれるんですか 僕じゃ駄目なんですか」

危機が迫る由宇、このまま襲われてしまうのか・・・!?

 

と思いきや、手に持っていたスコップで思いっきり殴ります(笑)痛い(笑)
この思い切りの良さが由宇ですよね。男らしい!

殴られ、記憶が戻ったかと思いきや涙を流すホマレ様。

 

「うそつき メガネの嘘つき!!!俺の 俺の純情を返せ―――っっ!!!」

泣きながら出て行くホマレ様。

え、これは、呼び名がメガネに!!

戻った!?!?
ですが俺の純情とは・・・。 果たしてなんだったのか?

 

おっくうそうに追いかけ(?)る由宇。逃げたかと思いきや ホマレ は 追いかけられたそうに こっちを みている
うざい(笑)

ホマレ様の言い分では記憶を失う前にしていた会話が原因なのだとか。

 

自分が特別でなく、普通の人間だったら愛してもらえると。

そう思った矢先に衝撃があって人格が入れ替わってしまったのだとか。

しかも、人格が入れ替わったときの記憶は全部あるチート使用。

普通の俺が告白したのになんで駄目なんだと。

ホマレ様はホマレ様らしく真剣だったようです。不器用でなんとも可愛いホマレ様。

ですが、由宇が言いたかったのは「愛を受け入れる」ではなく、「もうちょっとまともな性格ならせめてもっと誠実な断り方をしたのに」 まさかの大きなすれ違い!?!?ホマレ様これはショック!!!

 

めんどくさいからお前のままでいいという由宇に喜ぶホマレ様。
単純でありアホの子です。
そして迫るなんで俺にそんなに執着するようになったのかという疑問。

 

いつもは応えるホマレ様なのに、今回は逃げます。由宇の手を振りほどき、答えるのを拒否するホマレ様。

一体何が!?何があるの!?何か問題でも?

まだ問題が!?

 

せっかく元にもどったのに距離が開いてしまう二人。

ホマレ様の初めての本気の拒絶に不満を抱く由宇。

ホマレ様を問い詰めます。

 

特別な存在であった自分、周りはさみしくないのか、自分だけは理解できるなど言い寄ってくるものばかり。
その度に思う「放っておけ」と。
理解は邪魔で目障りだ消えろと荒んだ毎日を送っていた。

 

そんな日々に限界を感じていた高校受験の試験日当日。生徒誘導に来ていた由宇と出会います。

 

見つめ合う二人・・・、言葉を交わすかと思いきや・・・。

 

ホマレ様をスルーする由宇。
出会ってないじゃん・・・!!!!(笑)
とりあえず、自分に注目せずスルーするような人が始めてだったそう。

人の目にうんざりしていたホマレ様の心にするっと入り込んだ由宇。

それがホマレ様が由宇に惚れた理由だったそうです。

 

そして何故逃げたかといえば、そんな全く自分を見ていなかった目が「今自分をみつめている」ということに気づいたらたまらなく恥ずかしくなってどうすればいいのか分からなくなったという・・・。

 

どこまでも気持ち悪いホマレ様(褒め言葉です)

あー・・・それ、それが恋だよ。

 

そして初めて恋を自覚するホマレ様。

そして、問題の由宇。
由宇もホマレ様から拒絶をされている間、普段穏やかな由宇が拗ねているように見えたという長年の共小川。

そしてそのことをバラしてしまう「たっちゃん」(笑)

暴走するホマレ様。自分の気持ちを認めたくない由宇。

なんだかんだ楽しそうに見える二人。
この二人はこんな感じでいいんじゃないですかね。
結ばれても、結ばれなくても仲良くやっていけそうでとても微笑ましいです。

そして今回はたっちゃんの話が無いんですね。

ですが、なんと、

次巻はこの所々爆弾を落としていくたっちゃんが主人公の話になるとか・・・!

それも期待大です!絶対に次の巻も読みます!

管理人おススメの電子コミックサイト コミなび

yaji-009

おすすめのBLランキングはこちらです。

 

 

 

 

-BL漫画, コミなび, 俺を愛してもいいんだぜ?

Copyright© おすすめ電子コミック漫画まとめナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.