BL漫画 ebook japan ぼくらのねがい まんが王国

山本小鉄子 ぼくらのねがい 感想 レビュー を紹介中

投稿日:

マンガ王国で配信されている 人気作品 山本小鉄子さんのぼくらのねがいを紹介したいと思います。

51b0f7suftl-_sx352_bo1204203200_

 

  • 紹介タイトル  ぼくらのねがい
  • 作者   山本 小鉄子
  • 配信サイト   ebbok JAPAN まんが王国 など 多数あり
  • ジャンル     BL

ぼくらのねがい 山本小鉄子 さんの作品
無料 試し読み 無料画像 各種ダウンロードは こちらです。

 

まんが王国を利用して ぼくらのねがいを読みたい場合は BLコーナーで ぼくらのねがいを うまく見つけられない場合は
検索窓口に ぼくらのねがい と検索して 見てくださいね!!

まんが王国で読む場合はこちらです。

 

ぼくらのねがい あらすじ紹介 ネタバレ注意

それでは ぼくらのねがい あらすじや感想 レビュー 口コミなどを紹介したいと思いますが、 まだ ぼくらのねがい を読んだことにない人にとって、こちらの感想等はネタバレにつながる場合があるので 観覧には注意してくださいね!!

主人公は19歳の両

突然の父親の再婚で、「純喫茶スミレ」を営む高田秀子、およびその息子三人と同居することに・・・・・・ 息子の名前は、健人、隼人、真人。(◯◯人で揃えるとかえってややこしいという両のツッコミでまず心持ってかれました笑)  両は、中学のときに母親を亡くして以来、父親と二人暮らしで、家族というものに慣れていない。
ルックスも良くて気がきく長男の健一人では、両より2歳年下の17歳。  末っ子の真人は、小学5年生。まだ甘えたなお年頃なのか、両と一緒にお風呂に入りたがったりと、何かと可愛い。 ちなみに真人いわく、健人・隼人ともにモテるのだけれどなかなかオッケーしないので、近所では「難攻不落の兄弟」と呼ばれている。

 

最初こそ数年ぶりの「家族」に戸惑う両だが、次第に馴染んでいく自身に、またその姿を喜ぶ父親の幸せそうな姿に、いつしか満足を覚え始める。 が、その矢先、唯一の血の繋がった肉親である父親が急死する。 堪えきれず溢れる涙、嗚咽。 受け止めて、そして心に寄り添ってともに涙を流してくれたのは健人だった。

 

義母、そして三兄弟と、つながるよすがだった父親はもういない。

しかし義母・秀子は、家族として両とともに生きていきたいと言ってくれる。だが不幸は続く・・・   なんと秀子も病に倒れ、現代医学では助かる可能性の極めて低いすい臓がん、さらに余命は三ヶ月だと告知されてしまうのだった。

 

兄弟想いの健人は、両に、弟たちには言わないでほしいと懇願する。 両は、そんな健人の想いに答えるのだった・・・・

 

そして、一月後、両の「お母さん」に涙で笑顔を返してくれた秀子が静かに息を引き取った。 両は、フリーター生活を終え、純喫茶スミレの、マスターとなることを決意する。

いちばんに両を支え、受け入れてくれたのが長男の健人だっただけに、完全に両×健人フラグかと思って読み進めていたので、かなり、予想を裏切られる展開になりました。
まさかそうくるとは思いもしませんでした・・・

 

実際にぼくらのねがい を読んでみて

個人的にはいまだに両×健人推しなんですが、展開としては、次男隼人がくるんじゃないかなぁ? ちなみに、わたしはBLは一切受け付けないのですか、この作品は友人から勧められたのと、あらすじに惹かれたのが大きいですね。 あと、絵が好み!!! しつこくなくさっぱり、清潔感があるので、BLダメな方にもオススメです。

ただ、書分けという点ではどうなんでしょうか?

末っ子年代の子達が大人っぽく、上の世代は若く描かれていて、顔の造作が似ているので、髪の色、髪型が似てるとたちまちに迷子になってしまいます。あれ、これ誰と誰だっけ、兄弟間ではないはずだから。。あ、誰それね、と基本的に推測で読みました。

あと、年齢差が、うーーーーん。  ついこの前まで小学生だった男の子に、それってありなの!?と引っかかりながら、かなりませた男の子だし漫画だしありなのか!?などと言い聞かせながら、でも一気に読破しました。

この作家さん 山本小鉄子さんは初めてなのですが、心理描写もうまくて、軽いのと重いののバランスがいいのか、うまく心を掴まれてしまいます。

ほろりときつつ、でも快く微笑ませてくれる場面もたくさんあって。。。読後に残るのは、清涼感とほのぼのした温かさ。女の子好きなわたしとしては、秀子さん亡き後、女性の存在がないのが寂しくて仕方がないのですが、BLではこれがスタンダードなのかしら?

ともあれ、健人(長髪はどうかと思うけど)に相当、心を持っていかれてしまいました。

ただ、心理描写がうまいだけに、心惹かれていくくだりとか、男性を好きになるという葛藤とかをもっと丁寧に描けば、もっともっと素敵な作品になるんじゃないかなぁと、もったいなく思ってしまいます。

BL作品、と片付けてしまうにはもったいない、素敵な漫画でした。続きが気になって仕方ないです。。

ぼくらのねがいを読んだ人はこちらのサイトも併せて訪れています。
BL選りすぐりコミック特集
今後の展開に期待の作品ですね!! いやぁ~正直すごく面白かったです^-^

-BL漫画, ebook japan, ぼくらのねがい, まんが王国

Copyright© おすすめ電子コミック漫画まとめナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.