TL漫画 コミックシーモア ヲタクに恋は難しい

ふじた作「ヲタクに恋は難しい」Episode5-2 原作のあらすじ&感想

更新日:

1530

 

■ヲタクカップルその2 この恋は妥協!?果たして…。

仲直りをした樺倉と花子と別れ、成海と宏嵩は2人で帰路につく。

樺倉と花子の後ろ姿を見ながら、さっき花子がヲタク同士で付き合うのが楽だから…と言った花子の言葉を思い出しているような成海。

無言になってしまった成海に、宏嵩がどうしたの?と声をかけると、成海は「前の彼氏もその前も、最初の人もそうだったなぁ。ヲタクが原因でフラれたんだよね」と話し出す。

今までがそんな彼氏ばっかりだったから、今は宏嵩と付き合ってすごく楽、ヲタクを隠さなくていいんだもん、と。

でも宏嵩は理想の異性とは違う、お互いヲタクってことで少なからず妥協してるとこあると思うし…と成海が言うと、宏嵩は「妥協がないと言えば嘘になる」と言う。成海は宏嵩の視線に感づいて、どこ見て言った?と宏嵩を問い詰めた。

宏嵩は「貧乳は今関係ない」と苦し紛れに言い訳するも、宏嵩が巨乳を好きなことを知っている成海は、宏嵩の「妥協」に「貴様ぁぁぁぁぁ!!!」とより一層、宏嵩を締め上げるのだった。

 

 

襟元を直しながら宏嵩は「つまり何が言いたいの」と成海の不安を汲み取ろうとする。

成海は「宏嵩も本当は普通の女の子のがよかったのかなって…ちょっと思っただけですー」と顔を少し赤らめながら、そっぽをむいた。

宏嵩は「ヲタクだから、楽だから、そんな理由で一緒にいるんかなくて、好きなことをしてるときの成海が大好きなので」と、成海の手をとって言った。

 

その言葉に宏嵩の本心を知った成海は、一瞬乙女顔をするものの「お前、私のこと好きだったのか…」と今更ながら実感したような言葉を吐く。

宏嵩は「前言撤回。もうちょっと考えてしゃべってほしい」と、とったばかりの成海の手を自ら払いのけた。成海はというと、笑いをこらえきれない様子で「だって今までそういうことちゃんとは…あ!もしかして前に“しまらない告白だった”って言われたことを気にして」と、からかいはじめる。

 

宏嵩は、その成海の様子に腹をたて、(気にして)ねーよバーカバーカ、と言い返した。

 

いつまでも笑っている成海を見ていた宏嵩だったが、珍しく宏嵩も破顔してしまう。そして2人はまた手をつなぎ、ゲーセンへと行くのだった---。

 

 

花子の言葉に、自分たちの関係はどうなんだろう…とやや悩みモードに入ってしまう成海のターンです。

成海と宏嵩はヲタクカップルですが、この人は妥協で私と付き合ってるんじゃ!?と思うことは現実でも良くありますよね。

そんな時、今回の宏嵩のように、きちんと言ってくれる相手であれば安心もできますが、曖昧な言葉ではぐらかされたりすると、いつまでも疑心暗鬼になってしまいます。ヲタクですが、宏嵩はちゃんとできる男だったようで安心です。

 

5話の前には、ショートストーリーが収録されています。

成海と花がお互いの彼氏で遊んだ画像を披露する「彼氏と遊ぼう!」、リアルでの会話からは想像できない宏嵩とのLINEのやりとり「彼からLINE」、対して彼氏に“御意。”と返事をしちゃう成海の「彼女からLINE」、5話前半での痴話げんかに象徴されるように、樺倉と花子の噛み合わない思い出「思い出させてやろうか!?」、成海と宏嵩のランチタイムのアニメ談義(セーラームーンとドラゴンボール…)の感動のひと幕を描いた「君と涙とRとZ」。

短いページ数にギュっと“クスッ”が詰まった番外編で、本編と同時に楽しむことができます。

 

ショートストーリーなどもあり、テンポよく進んでいく“ヲタクに恋は難しい”ですが、ヲタク独特の用語は出てくるものの、ヲタクでない人にも置き換えて読める内容なので、とても読みやすいです。このテンポの良さ、そしてキスどまりの成海と宏嵩の関係、続刊もとても気になるところですね!

YK0I9A6188_TP_V

無料試し読みはこちらから

配信サイトは 人気コミックサイト コミックシーモアで ヲタクに恋は難しいで検索!!

 

-TL漫画, コミックシーモア, ヲタクに恋は難しい

Copyright© おすすめ電子コミック漫画まとめナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.