ebook japan TL漫画 おすすめサイト コミックシーモア 青楼オペラ

桜小路かのこ作「青楼オペラ」第4話 後半あらすじ&感想 無料試し読みはこちら

更新日:

コミックシーモア

桜小路かのこ作「青楼オペラ」第4話後半あらすじ&感想

 

お家取り潰しとなり、吉原へと入った武家の娘・永倉朱音(茜)、それを追ってきた永倉家の用人・神谷利一郎(利一)、そして何やら思惑がありそうな札差(高利貸し)の若旦那・近江屋惣右助。とりあえず役者は揃った…というところでしょうか。

4話の前半では、金を借りにきた侍を惣右助があしらいます。その様を見ていた朱音は、惣右助が武家の人間が嫌いだということを知り、なぜ武家の出である自分のことを惣右助が構うのか、武家の出である自分を貶めたいからか…と涙を流します。

そして、運命の新造出しの日。忍び寄る魔の手が見え隠れしていますが、朱音は一体どうなるのか…?

 

朱音に害を及ぼす魔の手。それは一体…??

そして新造出し当日。

朱音と紫は各々の衣を身にまとい、朝明野とともに道中をすすむ。禿から新造となる娘が、姉女郎に付き添われ、茶屋に挨拶をしてまわるお披露目のパレードである。曙楼、しかも朝明野の妹分ということもあり、道中にはたくさんの見物客。その光景を目にした朱音がガチガチに緊張している反面、紫はこれだけの観衆が自分を見ている、たまらない…と悦に入っている。

 

歩いている途中、朱音はなんだか違和感を覚えた。帯がゆるんだ気がして…と思っていたところに、見物客の声が聞こえてくる。「黒い帯のほう、裂けてきてねぇか…!?」と。付き添っている曙楼の男衆たちもそれに気づき、次の茶屋までもてばいいのだが…と思案している。

 

しかし、その思いもむなしく、多くの見物客は少しずつ裂けて行く朱音の帯を冷やかしはじめた。さすがに恥だろう、新造になりたての娘が気の毒に、ご開帳が先か、泣くのが先か…と。しかし、朱音はその声をはねのけるように、にっこりと微笑んだ。

 

そう、武家嫌いの惣右助が自分の泣く姿を見て、あざ笑うかもしれない。だから、泣く姿などさらすわけにいかないのだ。

 

朱音の帯が限界を迎え、朱音だけを列から下げようとしたその時、道中を見守っていた惣右助は、連れのものに「包みを解いて中の物出せ」と命じた。

惣右助は、その包みの中のものを手にとると、列に近づき、それで朱音を包む。それは、勇み足で惣右助が誂えた、今回は出番がない予定だった仕掛け。「うちの蔵にあってもしょうがねぇから持ってきたが、うん、やはり似合うな」と。

 

その仕掛けは、曙染に緋牡丹の刺繍、総籬(そうまがき・吉原で最も格式の高い見世)でもそうそう見られないような豪奢なものだった。そしてそれを見ていた見物客は言うのだった。「まるで自分のもんだと言ってるようじゃねぇか」「曙楼の茜って、そうだ確か近江屋惣右助の気に入りって噂の」「確かに…とんだ災難にも動じねぇ張りの強さ、あの近江屋惣右助が惚れ込むだけのことはある」「曙楼の茜、たいした新造が出たもんだ」と----。

曙楼に戻ると、切れた朱音の帯を囲み、見世の人間がその行為のひどさを口にしていた。帯には刃物が入ったあとがあり、自然に切れたものではないようだ。いったい誰がこんなことを…。

 

桜小路かのこ作「青楼オペラ」第4話を読んでみたよ

帯が破れるという騒動は起きたものの、なんとか惣右助のおかげで無事に新造だしを終えることができました。

それにしても、めっちゃ豪華な仕掛けを誂えていた惣右助は、本当に朱音のことをどう思っているのでしょうか…。

若くしてお金を持っている、なにやら商才もあるっぽい惣右助が、駆け寄って朱音をかばう様は、今の時代ではあまり考えにくいシチュエーションではありますが、女子なら誰もがうらやんでしまうような状況です。

 

朱音の帯に切り込みを入れた人物、これも誰なのか気になりますよね?注目を集める朱音を羨んだ女子か、それとも惣右助を困らせたい誰かか…。

そして、4話の終わりでは、朱音に興味をもつ新たな人物も登場。どうやら侍のような感じでしたが、こちらも惣右助や朱音にどう絡んでくるのでしょうか?

 

登場人物もますます増え、吉原の中での人間関係も複雑化していきます。朱音はそんな中で自らの目的を達成できるのでしょうか?今回の新造出しを乗り切ったように、朱音には強くあってほしいですよね!

 

2017年7月現在、本作は第6巻が発売されたばかり!惣右助と朱音、そして曙楼での展開から目が離せません!

 

管理人おすすめサイトはこちら

→ コミックシーモア

→ イーブックジャパン

「青楼オペラ」で検索してね!!

 

 

-ebook japan, TL漫画, おすすめサイト, コミックシーモア, 青楼オペラ

Copyright© おすすめ電子コミック漫画まとめナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.